書を習いたいと思ったら|自分を魅力的にするならnlp|モチベーションを高めよう
婦人

自分を魅力的にするならnlp|モチベーションを高めよう

書を習いたいと思ったら

筆

字がうまくなりたい

最近は手書きで文字を書くことが少なくなりましたが、それだけに、ちょっとしたことで、字がうまいと注目を浴びたりします。結婚式のご祝儀袋や、葬式の香典の包みなど、無理に筆ペンで書こうとすると、慣れてないと悲惨なことになります。一方で、同僚が意外と字がうまかったりすると、その人の品性まで高くなったような気がします。そんな時、自分も字がうまくなりたい、書道を習ってみたいと思うでしょう。では、実際に字がうまくなりたいと、書道を習いに行く場合、どのようなことに気をつければ良いでしょうか。最近では書道家がテレビや雑誌などで取り上げられるようなこともあり、著名な書道家に習いたいと、まずは思うかもしれません。この場合、気を付けることは、著名で忙しい書道家の方の場合、直接習う機会はあまりないかもしれないということです。実際にはお弟子さんが代わりに教えられることもあるようです。

どのような教室がよいのか

書道を習う理由は、実は字がうまくなりたいだけではありません。集中力を養ったり、感性を磨いたりすることにも効果的です。さらに、有名な書道家ほどでなくても、自分なりの表現をしたいと思う人もいるでしょう。それに、子供の習い事としても書道の需要は高いため、書道師範になろうという人も多いようです。ですので、書道を習う場合には自分の目的をよく考えてから選ぶことが大切です。初心者であれば、子供も対象としている基礎的な教室が良いでしょう。師範を目指すのであれば、教え方も教えてくれる教室が適切です。もし、表現として書を学びたいのであれば、うまい下手ではなく、作品として意見をもらえる教室がよいでしょう。間違った教室に行かないよう気を付けましょう。